GKN SINTER METALS
 

セルフルブリケイトベアリング

セルフルブリケイトベアリング

GKN sinter metalのセルフ‐ルブリケイトベアリングは直角プレスの技術によって製造されます。これらのベアリングの性質は特定される厚みによって決定されます。

相互に連結した気孔のネットワークは毛細効果を生じ、結果として恒久的な均一の潤滑性となります。

DINの仕様にあわせた製造に加え、Radevormwald(ドイツ)にあります GKN Sinter Metal Filters はお客様のご要望にあわせ1個〜10,000個までの個別生産のスペシャリストです。

耐薬品性と温度安定性。

基本的にベアリングの化学および温度の特徴はその固形金属の持つ性質と同じです。耐温の限界は使用されるオイルやグリスによって決まります。

標準的に、オイルに浸った焼結ブロンズ及び焼結鉄は65℃〜80℃という作業温度幅を持っています。MoS2潤滑材料とセットされたMOLY Pointベアリングは300℃までの使用に耐える理想的なものです。

GKN Sinter Metals Filtersは下記の素材よりベアリングを製造します。

  • ブロンズ

  • ブロンズ/MoS2

  • 特殊材料