GKN SINTER METALS
 

SIKA-B

SIKA-Bエレメントは重力焼結の技術によって焼結させた球形の青銅粉から作り出されます。形、 粉の粒子のサイズそして配分は重要なパラメターで青銅からの高い気孔率によって焼結させる材料の特性をもたらすである。気孔サイズは、8mから200μmまで揃っています。焼結は、高い多孔性材料にその形状安定性と金属的に強い構成部品の特性を与えます。焼結は、高度多孔性材料にその形-安定性と金属的強い構成要素の特性を与えます。SIKA-Bは自立の構造のエレメントとして使われます。焼結により、SIKA-Bエレメントを自立の構造のエレメントとして使われることができる、寸法的に安定した、金属的に強い構成部品に変えます。気孔はサイズと位置において固定されます。

耐薬品性と温度安定性

基本的に焼結金属の化学および温度の特徴はその固形金属の持つ性質と同じです。但し、 比表面積区域のサイズはあらゆる高気孔率の部品(焼結金属)の化学特性を査定した場合考慮に入れられるべきです。